野菜の旬

キャベツは農作物の中では珍しく、旬といえるような時期はありません。
日本の平野部では秋から春にかけて多く作られていますが、高冷地やキャベツの原産地のヨーロッパでは夏から秋にかけて作られていることが多いので、どちらが旬であるとはいえません。
キャベツは日本国内でも、温室などを使わずに一年中生産できますから、旬はひとつには決められないといえます。

キャベツは暑さが苦手の野菜ですが、周年出回っているのは、品種や栽培地を変えて供給されているからです。

敢えて旬をあげれば、

・大寒後の冬キャベツ
・4月の新キャベツ
・5月のグリーンボール
・夏の高原キャベツ

などと何度もやって来ます。

例えば、春キャベツって春に穫れるからだと思われがちですが、結論から言えば違います。
「春キャベツ」は一般的な呼び名ですが、正確には「春系キャベツ」と言われています。
現在、市場には1年を通じて春系キャベツ、寒玉系キャベツ、その中間型が出回っていますので、「春穫れるから・・・」というわけではありません。

春系キャベツは、葉の質が柔らかいので、野菜キャベツ入りサラダなど生で食べるのに向いています。
しかし、春系キャベツ葉が薄いので火を通すと柔らかすぎてベシャッとなってしまうので加熱調理には向いていません。
寒玉系キャベツは、葉が厚く、そのため生では堅い印象を受けますが、甘みがあるのでキャベツ本来の味が楽しめ、加熱調理をしてキャベツ料理を作っても歯ごたえが損なわれにくい特徴があります。

キャベツ料理効用としては、血液を清浄にし、胸やけ、吐き気、食欲不振、疲労回復、利尿によいとされるほか、高血圧、肝臓病、胃潰瘍(ジュース)などにもよいと言われています。
キャベツ料理の利用法としては、生食、煮食、漬物が一般的ですが、時期と品種を考慮した食べ方を工夫するのがいいです。