食事量が少なくても満腹感

キャベツダイエット法が最近注目されています。
キャベツダイエット法とは、おもいッきりテレビで名古屋大学付属病院循環器内科医師の簗瀬正伸氏が実践したダイエット方法です。

自ら実践したその効果は、何と3ヶ月で27キロ痩せたといいます。
3ヶ月で27キロですので、単純計算で1ヶ月約9キロのダイエット効果です。食べながら痩せたい人にはお勧めの方法です。

キャベツダイエット法とは、簡単にいうと、食事の前に一定の量のキャベツを食べることで、咀嚼回数を増やして満腹中枢を刺激します。
その結果、その後の食事量が少なくても満腹感が得られるという方法です。名古屋大学付属病院循環器内科医師の簗瀬正伸氏が実践したダイエット方法です。
テレビでも紹介されましたので、知っている人も多いのではないかと思います。
簡単で効果バツグン、という評価のようですね。
これなら自分もやれるのでは?と思わせてくれるダイエット法だと思います。
何しろ、どこにでも売っているキャベツを食べるだけですから。
キャベツダイエット法とは、食事の前にキャベツを食べてお腹をある程度満たすという、だれにでもできるダイエット法です。
いままで、いろんなダイエットに挑戦して、失敗した方でもやり方を工夫すれば、ダイエットに成功する可能性が極めて高いダイエット法です。
キャベツダイエット法で○○?s減量に成功しました!」という実例があちこちで紹介されています。
キャベツがカラダに良いことは、前からいわれていますのであなたもキャベツを使ったダイエット法にチャレンジしてみませんか?

野菜の旬

キャベツは農作物の中では珍しく、旬といえるような時期はありません。
日本の平野部では秋から春にかけて多く作られていますが、高冷地やキャベツの原産地のヨーロッパでは夏から秋にかけて作られていることが多いので、どちらが旬であるとはいえません。
キャベツは日本国内でも、温室などを使わずに一年中生産できますから、旬はひとつには決められないといえます。

キャベツは暑さが苦手の野菜ですが、周年出回っているのは、品種や栽培地を変えて供給されているからです。

敢えて旬をあげれば、

・大寒後の冬キャベツ
・4月の新キャベツ
・5月のグリーンボール
・夏の高原キャベツ

などと何度もやって来ます。

例えば、春キャベツって春に穫れるからだと思われがちですが、結論から言えば違います。
「春キャベツ」は一般的な呼び名ですが、正確には「春系キャベツ」と言われています。
現在、市場には1年を通じて春系キャベツ、寒玉系キャベツ、その中間型が出回っていますので、「春穫れるから・・・」というわけではありません。

春系キャベツは、葉の質が柔らかいので、野菜キャベツ入りサラダなど生で食べるのに向いています。
しかし、春系キャベツ葉が薄いので火を通すと柔らかすぎてベシャッとなってしまうので加熱調理には向いていません。
寒玉系キャベツは、葉が厚く、そのため生では堅い印象を受けますが、甘みがあるのでキャベツ本来の味が楽しめ、加熱調理をしてキャベツ料理を作っても歯ごたえが損なわれにくい特徴があります。

キャベツ料理効用としては、血液を清浄にし、胸やけ、吐き気、食欲不振、疲労回復、利尿によいとされるほか、高血圧、肝臓病、胃潰瘍(ジュース)などにもよいと言われています。
キャベツ料理の利用法としては、生食、煮食、漬物が一般的ですが、時期と品種を考慮した食べ方を工夫するのがいいです。

ビタミンCとビタミンU

キャベツは淡色野菜なので、ニンジンやピーマンなどの緑黄色野菜より栄養面で劣っていると思ってませんか。

実は、キャベツには、緑黄色野菜も顔負けの栄養が入っているのです。

生で食べるのがおいしい春キャベツだからこそ、たっぷり摂れるビタミンがあります。

まずはビタミンCですが、キャベツ100g(中くらいの葉2枚)に44mgものビタミンCが含まれています。

これは、レモン1/2個分とほぼ同じ量で、成人1日の必要量の約90%に当たります。

キャベツにビタミンCって、意外だと思いませんでしたか。

キャベツのビタミンCを摂れば、一日の必要摂取量の9割はクリアできることになります。

結構たっぷり含まれているのです。

次に、「ビタミンU」です。

ビタミンU・・・?

はい!ビタミンUです。

キャベツなどの「アブラナ科」の野菜に多く含まれ、胃壁を守り、肝機能アップや活性酸素除去に働くのがビタミンUです。

ビタミンUとは、胃薬の主成分にも使われる健康成分のひとつです。

キャベツは、外葉と芯葉にビタミンがたっぷり含まれています。

ビタミンC、Uは、ともに水溶性ビタミンですから、千切りキャベツやサラダにするとき、切ってから水にさらしてはいけません。

水にさらしてしまうと、ビタミンが流れてしまうだけでなく、味わいも抜け出てしまいます。

また、ビタミンCは外側と芯側の葉に多く、ビタミンUは内側にいくほど多く含まれてるので、外葉や芯も、中の葉と混ぜて丸ごと食べるのがいいです。

やわらかな春キャベツは生で食べるだけでなく、さっと火を通してもおいしいです。

火を通すことによって、かさも減るのでたくさん食べられます。

加熱する場合は、特に電子レンジがおすすめです。

電子レンジだと水を使わないので、ビタミンの流出がなく、新鮮さを保ちながら美味しく食べられます。

関西の名物料理

■お好み焼き

お好み焼き(おこのみやき)は、鉄板焼き料理の一つ。

全国的に「お好み焼き」と言えば、小麦粉を溶いた生地にキャベツ、鶏卵、肉やイカといった具材を混ぜ合わせて平らに焼いた関西(大阪)風と、小麦粉の生地にキャベツやもやし、中華そば、卵を重ねて焼く広島風がある。
その名の通り、好みに合わせて様々な具材が用いられる。

■キャベツ焼き

キャベツ焼き(きゃべつやき)は、水に溶いた小麦粉にキャベツを入れた物を鉄板で焼き、天かす、卵などの具を入れて焼いた料理。
お好み焼きの一種である。

キャベツ焼きは、関西地区で1990年代後半より流行りだした。

関西のある主婦が始めたと言われている。
昔の一銭洋食時代の名称と同じだが、ダシを使うなど別の料理に進化している。

そして、100円でチェーン展開する業者が登場し、全国に進出し始めている。
大体1枚100円で売られており、関西にはキャベツ焼きを売る系列店舗が数多くある。

関西の名物料理だが、最近では他の地域にも進出し始めている。
店によってはキャベ焼きとも言う。
お好み焼きと同じく一銭洋食を祖としているが、キャベツ焼きの方が一銭洋食に近い。

■キャベツ焼きの作り方

キャベツ焼きの作り方の一例を紹介する。
なお、作り方、具は複数の例があり、豚肉を入れる店も見られる。

小麦粉を水で溶いた液体を、油をしいて良く暖めた鉄板の上で伸ばす。
キャベツを乗せて焼く。
(ネギを加えることもある。ネギだけだと一銭洋食の原型に近い)
その上に天かす、魚粉、桜エビ、紅ショウガを乗せ、卵を割る。
ひっくり返してよく焼く。
卵が固まったら、再びひっくり返しソースを塗る。
2つ折りしたら完成である。

「キャベツ焼き」(2007年5月6日 12:09 UTCの版)『ウィキペディア日本語版』

野菜を食べよう


野菜はたくさん食べたいけれど、1度に使いきれなくて残ってしまうことはありませんか。

その点、キャベツは、生のまま食べてもいいですし、料理法もたくさんあるので、とても重宝します。

1つのキャベツからいろいろな料理が作れて、毎日でも飽きずに食べられます。

キャベツは、春夏秋冬、1年中八百屋さんの店頭に並ぶびますが、季節によってそれぞれの美味しさがあります。

春キャベツは、そのままちぎって食べたくなるほど、軽やかで柔らかく、ほどよい歯ごたえと甘味があります。

夏にかけては高原キャベツが出回り、少し堅くなってきます。

キャベツといえば、豚カツの付け合わせのせん切りキャベツを思い出すかもしれませんが、ひと工夫してキャベツの甘みを生かしたおかずを作ってみませんか?

ひと口大にちぎったり、ちょっと太めのせん切りにしたり、ダイナミックに作ってもりもり食べましょう。

キャベツの上手な選び方ですが、春キャベツはふわっとした丸みがあり、緑が濃く、光沢があるもの。

根元の切り口がみずみずしく500円玉くらいの大きさのものがいいです。

ビタミンCは芯に近いほど多く含まれ、ビタミンAは外葉の緑が濃い部分に多く含まれます。

また、胃潰瘍の回復に効果があるといわれるビタミンUという成分も含んでいます。

一度に使わない場合は、外葉からむいていきます。

芯の部分はぬらしたキッチンペーパーなどで包み、保存用のビニール袋または新聞紙にくるんで冷蔵庫に入れておくのが、上手な保存のコツです。

キャベツダイエット


キャベツダイエットは、簡単に言うと、食事の前にキャベツを食べるというもののようです。

京都府立医科大学の吉田俊秀先生が、キャベツダイエットを提唱し、実際に肥満解消の指導方法として使用しているようです。

キャベツにはビタミンCが豊富に含まれていて、その他にもビタミンKやビタミンUなどの成分も含まれています。

キャベツダイエットの方法は、朝・昼・夕の食事前にサラダボウル1杯分の生のキャベツを食べればいいだけという、本当に簡単なダイエット方法です。

キャベツだけだと食べにくいという方は、レタス、きゅうり、トマトなど、穀類(ジャガイモやかぼちゃなど)以外の野菜を加えて食べてもいいようです。

味付けとしては、ノンオイルならドレッシングをかけたら、美味しく食べられます。

また、お好みによって、レモン果汁を絞ってかけるのもいいです。


キャベツダイエットで気をつけなければならないことは、必ず「キャベツを生で食べる」ということです。

キャベツ料理は、いろいろありますが、煮たり焼いたりしないで、キャベツを生のまま食べます。

新鮮なキャベツなら、軽いドレッシングをかけてキャベツサラダを作るといいです。

加熱してしまうとビタミンCがなくなってしまうので、この点だけは注意しましょう。

そして、キャベツダイエットで注意することといえば、よく噛んで食べるということです。

生キャベツだけでなく、できれば、たんぱく質を1日70g取ること・1食のカロリーを400カロリー以下に抑えること・1日に果物を200カロリー程度取った方がいいです。

まあ最初はそれほど気にせずに、気楽な気持ちでキャベツダイエットに挑戦してみましょう。


生でも炒めて煮ても美味しく食べられます


キャベツにはビタミンCが多く、しんの周辺に特に多く含まれています。

また、外側の緑色の部分にはカロチンが含まれ、その他にもビタミンUやビタミンKといった栄養素が含まれており、栄養価の高い野菜の一つです。

特に、春キャベツは、腰高で外葉にシワがあり、結球もゆるく色も淡緑色で柔らかいので、生で食べるのに適しています。

また炒めて煮ても美味しく食べられます。

むきえびや豚肉、フランクフルト、ベーコンなどともよく合います。

春キャベツは生で食べてもおいしいので、せん切りにして水にさらしてパリッとさせてサラダがおすすめです。

秋から冬のキャベツは煮込みに向きます。
 
いろいろなキャベツ料理ができるのですが、いくつかあげてみます。

・ロールキャベツ ・新キャベツのサラダ  ・キャベツのごま酢和え  
・和風ロールキャベツ ・キャベツの中華風サラダ  ・キャベツと豚肉のうまうま  
・ミニロールキャベツ ・キャベツのレモン漬け ・キャベツの辛み漬け  
・キャベツとツナカンの煮込み ・キャベツと鶏肉のスープ煮 ・キャベツのピーナツ和え
・キャベツボールの甘酢あんかけ ・キャベツとソーセージの炒めもの ・キャベツ巻き漬け
・揚げぎょうざとキャベツの酢じょうゆかけ  ・チャーハンのキャベツ包み

キャベツの葉約2枚(100g)で1日に必要なビタミンCのほぼ半分がとれます。

ビタミンCで、肌の調子を整え、ストレスに負けない疲労回復の早い体をつくります。

ちなみにビタミンCは水溶性なので、生か、煮物なら煮汁ごと食べましょう。

他にもキャベツに含まれる、ビタミンUの「キャべジン」は、市販の胃腸薬等にも使われています。

胃酸の分泌を抑え、たんぱく質の合成に役立ったり、胃潰瘍や十二指腸潰瘍の予防にも効果があります。